Home

西日本書店

『増山実さんサイン会』

  • 2016-08-26 (金)
  • 本店
  • 作成者:tencho

IMG_1234
大阪ほんま本大賞『勇者たちへの伝言』
増山実さんのサイン会を当店で開催させていただきます!

『増山実さんサイン会』
日時:8月28日(日)13:00~
場所:西日本書店 本店

その日はFM802 『SUPERFINE SUNDAY』(DJ:浅井博章さん)の10時台のにゲストとして増山さんが生出演されます!

たくさんのご来店をお待ちしております!

10月8日(土) 14:00~ OAP店にて『おはなし会』です!


ご好評をいただいております『おはなし会』、次回の開催は2016年10月8日(土)にOAP店にて開催いたします。

30分~40分ほどボランティアの方に紙芝居・絵本を読んでいただきます。

途中手遊びも取り入れたりと毎回小さなお子様に喜んでいただいております。

10月のおはなし会

日時:10月8日(土) 14:00~

場所:西日本書店OAP店
大きな地図で見る

 『本とあそぼう 全国訪問おはなし隊』がOAPにやってきます!


『本とあそぼう全国訪問おはなし隊』がOAPにやってきます!

おはなし隊ロゴ

おはなし隊トラック写真

夢あふれるキャラバンカーに絵本をたくさん積んでやってきます。

キャラバンカーの絵本を30分ほど自由に閲覧していただいて、その後店内で30分ほど絵本と紙芝居のおはなし会を開催します。

全国を訪問していますのでめったに見れないキャラバンカーです。

子どもたち、たくさんきてね~。

開催日時:2016年8月20日(土)14:30より
開催場所:OAP桜広場大川側にお集まりください
絵本と紙芝居のおはなしは店内に移動して行います
参加無料

R0013828

前回訪問(2014年2月)の写真です

前々回訪問(2011年12月)の写真です

本店 7月の売り上げ総合ランキング


1位

icon村上海賊の娘 第1巻
新潮社
和田竜
637円(本体590円+税)

icon時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊―。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女。この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く―。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞!木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

2位

icon村上海賊の娘 第2巻
新潮社
和田竜
637円(本体590円+税)

icon天下統一に乗り出した織田信長が、大坂本願寺を攻め立てていた天正四年。一向宗の門徒たちは籠城を余儀なくされていた。海路からの支援を乞われた毛利家は、村上海賊に頼ろうとする。織田方では、泉州淡輪の海賊、眞鍋家の若き当主、七五三兵衛が初の軍議に臨む。武辺者揃いの泉州侍たち。大地を揺るがす「南無阿弥陀仏」の大合唱。難波海で、景が見たものは―。激突の第二巻。

3位

icon死神の浮力
文藝春秋
伊坂幸太郎
842円(本体780円+税)

icon娘を殺された山野辺夫妻は、逮捕されながら無罪判決を受けた犯人の本城への復讐を計画していた。そこへ人間の死の可否を判定する“死神”の千葉がやってきた。千葉は夫妻と共に本城を追うが―。展開の読めないエンターテインメントでありながら、死に対峙した人間の弱さと強さを浮き彫りにする傑作長編。

4位

icon後妻業
文藝春秋
黒川博行
799円(本体740円+税)

icon91歳の耕造は妻に先立たれ、69歳の小夜子を後妻に迎えていた。ある日耕造が倒れ、小夜子は結婚相談所の柏木と結託して早々に耕造の預金を引き出す。さらに公正証書遺言を盾に、遺産のほぼすべてを相続すると耕造の娘たちに宣言した―。高齢の資産家男性を狙う“後妻業”を描き、世間を震撼させた超問題作。

5位

icon情愛の奸
光文社
上田秀人
670円(本体620円+税)

icon八代将軍・吉宗の命を受け、竹姫を継室とする根回しのため京へ上った御広敷用人の水城聡四郎。その帰路、新たな吉宗の命で尾張名古屋に寄った聡四郎は、尾張徳川の「秘事」に触れる。御三家筆頭の運命を決める事実を握った聡四郎に、新たな刺客が放たれた。未曽有の危難を乗り越えるために聡四郎がとった秘策とは―。大人気を誇るシリーズ、待望の第十弾。

6位

icon泣き童子
KADOKAWA
宮部みゆき
821円(本体760円+税)

icon三島屋伊兵衛の姪・おちか一人が聞いては聞き捨てる変わり百物語が始まって一年。幼なじみとの祝言をひかえた娘や田舎から江戸へ来た武士など様々な客から不思議な話を聞く中で、おちかの心の傷も癒えつつあった。ある日、三島屋を骸骨のように痩せた男が訪れ「話が終わったら人を呼んでほしい」と願う。男が語り始めたのは、ある人物の前でだけ泣きやまぬ童子の話。童子に隠された恐ろしき秘密とは―三島屋シリーズ第三弾!

7位

icon村上海賊の娘 第3巻
新潮社
和田竜
680円(本体630円+税)

icon織田方の軍勢は木津砦に襲い掛かった。雑賀党一千の銃口が轟然と火を吹き、その猛攻を食い止める。本願寺門徒の反転攻勢を打ち砕いたのは、京より急襲した信長だった。封鎖された難波海へ、ついに姿を現す毛利家と村上家の大船団。村上海賊には、毛利も知らぬ恐るべき秘策があった。自らの家を保つため、非情に徹し、死力を尽くして戦う男たち。景の咆哮が天に響く―。波瀾の第三巻。

8位

icon勇者たちへの伝言
角川春樹事務所
増山実
734円(本体680円+税)

iconベテラン放送作家の工藤正秋は、阪急神戸線の車内アナウンスに耳を奪われる。「次は…いつの日か来た道」。謎めいた言葉に導かれるように、彼は反射的に電車を降りた。小学生の頃、今は亡き父とともに西宮球場で初めてプロ野球観戦した日を思い出しつつ、街を歩く正秋。いつしか、かつての西宮球場跡地に建つショッピング・モールに足を踏み入れた彼の意識は、「いつの日か来た」過去へと飛んだ―。単行本刊行時に数々のメディアで紹介された感動の人間ドラマ、満を持して文庫化!

9位

icon村上海賊の娘 第4巻
新潮社
和田竜
680円(本体630円+税)

icon難波海での睨み合いが終わる時、夜陰に浮かび上がったわずか五十艘の船団。能島村上の姫、景の初陣である。ここに木津川合戦の幕が切って落とされた!煌めく白刃、上がる血飛沫。炸裂する村上海賊の秘術、焙烙玉。眞鍋家の船はたちまち炎に包まれる。門徒、海賊衆、泉州侍、そして景の運命は―。乱世を思うさまに生きる者たちの合戦描写が、読者の圧倒的な支持を得た完結編。

10位

icon終焉の太刀 新装版
徳間書店
上田秀人
724円(本体670円+税)

icon将軍家綱は家光十三回忌のため日光に向かう。次期将軍をめぐる暗闘が激化する最中、危険な道中になるのは必至。老中阿部忠秋は大勢の警固に加え、剣術指南役の小野忠常とその息子織江緋之介に供奉を命じた。死を賭して凶刃を向ける死兵たちとの死闘のゆくえは。そして御免色里・吉原と徳川将軍家の驚愕の因縁が明らかになったとき、緋之介もまた数奇な運命をたどる。シリーズ堂々完結!

OAP店 7月の売り上げ総合ランキング


1位

icon村上海賊の娘 第1巻
新潮社
和田竜
637円(本体590円+税)

icon時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊―。瀬戸内海の島々に根を張り、強勢を誇る当主の村上武吉。彼の剛勇と荒々しさを引き継いだのは、娘の景だった。海賊働きに明け暮れ、地元では嫁の貰い手のない悍婦で醜女。この姫が合戦前夜の難波へ向かう時、物語の幕が開く―。本屋大賞、吉川英治文学新人賞ダブル受賞!木津川合戦の史実に基づく壮大な歴史巨編。

2位

icon村上海賊の娘 第2巻
新潮社
和田竜
637円(本体590円+税)

icon天下統一に乗り出した織田信長が、大坂本願寺を攻め立てていた天正四年。一向宗の門徒たちは籠城を余儀なくされていた。海路からの支援を乞われた毛利家は、村上海賊に頼ろうとする。織田方では、泉州淡輪の海賊、眞鍋家の若き当主、七五三兵衛が初の軍議に臨む。武辺者揃いの泉州侍たち。大地を揺るがす「南無阿弥陀仏」の大合唱。難波海で、景が見たものは―。激突の第二巻。

3位

icon大人の流儀 6
講談社
伊集院静
1,000円(本体926円+税)

icon幸せだけの人生などない。それでも懸命に生きて行けば、必ず光がさす。私は知っている。不運な人生などない…。ベストセラーシリーズ待望の第6弾。生きる勇気が湧いてくる、感動の1冊。

4位

icon言ってはいけない
新潮社
橘玲
842円(本体780円+税)

icon努力は遺伝に勝てない。美人とブスの「美貌格差」は約3600万円。子育てや教育はほぼ徒労に終わる。この「不愉快な現実」を直視せよ。進化論、遺伝学、脳科学の知見から、人気作家が明かす「残酷すぎる真実」。

5位

iconキリンビール高知支店の奇跡
講談社
田村潤
842円(本体780円+税)

icon高知発、東海、そして全国へ。キリンビールを再生させたのは、地方のダメ支店のチームワークだった。フツーの営業マンが掴み取った、営業の極意。「高知の闘いで「勝ち方」を学んだ」など3章で構成。

6位

icon本日は、お日柄もよく
徳間書店
原田マハ
700円(本体648円+税)

iconOL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ厚志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け、「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説。

7位

icon情愛の奸
光文社
上田秀人
670円(本体620円+税)

icon八代将軍・吉宗の命を受け、竹姫を継室とする根回しのため京へ上った御広敷用人の水城聡四郎。その帰路、新たな吉宗の命で尾張名古屋に寄った聡四郎は、尾張徳川の「秘事」に触れる。御三家筆頭の運命を決める事実を握った聡四郎に、新たな刺客が放たれた。未曽有の危難を乗り越えるために聡四郎がとった秘策とは―。大人気を誇るシリーズ、待望の第十弾。

8位

icon自宅でできるライザップ 運動編
扶桑社
RIZAP株式会社
1,404円(本体1,300円+税)

iconライザップメソッド公式解説本。運動編はトレーニング方法の解説だけでなく、目標達成を可能にするメンタルマネジメントや挫折させないための様々なコツを余すことなく解説する。DVD-Videoは館外貸出不可。

9位

iconダーリンは外国人まるっとベルリン3年め
KADOKAWA
小栗左多里 トニー・ラズロ
1,080円(本体1,000円+税)

icon移住して3年、ますます一家の好奇心が炸裂!  船に乗ったり家電を修理したりパンを売ったり…日々の暮らしには慣れたけど、やっぱり一家の毎日はヘンな驚きと発見がいっぱいで……。 一家揃って「外国人」なベルリン生活3年め、スタートです。300万部突破シリーズの最新刊。

10位

icon泣き童子
KADOKAWA
宮部みゆき
821円(本体760円+税)

icon三島屋伊兵衛の姪・おちか一人が聞いては聞き捨てる変わり百物語が始まって一年。幼なじみとの祝言をひかえた娘や田舎から江戸へ来た武士など様々な客から不思議な話を聞く中で、おちかの心の傷も癒えつつあった。ある日、三島屋を骸骨のように痩せた男が訪れ「話が終わったら人を呼んでほしい」と願う。男が語り始めたのは、ある人物の前でだけ泣きやまぬ童子の話。童子に隠された恐ろしき秘密とは―三島屋シリーズ第三弾!

1 / 12912345...102030...最後 »

Home

雑誌の配達
おはなし会
10月8日(土)14時半からOAP店で、絵本と紙芝居の読み聞かせを開催します。是非お子さんたちと遊びに来てください。
お店で受け取れるネット書店
Honya Club.com
Twitter
facebook
本屋さん
デザイン書
天神天満界隈
Frends
このサイトを購読する
HonyaClub.com
HonyaClub.com

このページのトップへ

Get Adobe Flash player