Home

西日本書店

12月10日(土) 14:00~ OAP店にて『おはなし会』です!


ご好評をいただいております『おはなし会』、次回の開催は2016年12月10日(土)にOAP店にて開催いたします。

30分~40分ほどボランティアの方に紙芝居・絵本を読んでいただきます。

途中手遊びも取り入れたりと毎回小さなお子様に喜んでいただいております。

12月のおはなし会

日時:12月10日(土) 14:00~

場所:西日本書店OAP店
大きな地図で見る

本店児童書売り場がリニューアルしました。

  • 2016-11-15 (火)
  • 本店
  • 作成者:本店

本店の児童書売り場が装いを新たに生まれ変わりました。

児童書売り場は店内一番右奥になります。スペースが広くなりましたのでベビーカーでのご来店もご安心していただけます。
r0016697

r0016698

r0016701

子どもたちに大人気のアンパンマンは絵本から音の出る仕掛け絵本まで取り揃えております。
r0016708
r0016703

絵本は選んでいただきやすいように、今話題のおすすめ絵本コーナーと季節の絵本コーナーを作りました。
r0016702
r0016709
r0016704

音の出る絵本も充実のラインナップ。
r0016710

特設コーナーではただ今クリスマスプレゼントに最適の商品をラインナップ。ラッピングも賜っております。
r0016699

店頭に、こんな絵本が欲しいなどのリクエスト箱も設置していますので、どしどしお寄せください。
r0016706

児童書コナーに併設して、大阪市北区小中学校の教科書に準拠した参考書を中心としたドリルなどの学参コーナーもありますので合わせてご覧ください。
r0016707

本店 10月の売り上げ総合ランキング


1位

icon流鴬
光文社
佐伯泰英
648円(本体600円+税)

icon吉原会所に突然、「裏同心」を希望する女性が現れた。十八歳と若い「女裏同心」に戸惑う吉原裏同心の神守幹次郎と会所の面々。一方、札差の伊勢亀半右衛門が重篤な病に罹り、幹次郎は遺言を託される。遺言には、薄墨太夫にかかわる衝撃の内容が書かれていた―。薄墨太夫、幹次郎、汀女にとって大きな転機となる内容とは何か。シリーズ最大の山場が待つ第二十五弾!

2位

icon女のいない男たち
文藝春秋
村上春樹
702円(本体650円+税)

icon「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェエラザード」「木野」他全6篇。最高度に結晶化しためくるめく短篇集。

3位

icon月の上の観覧車
新潮社
荻原浩
637円(本体590円+税)

icon閉園後の遊園地。高原に立つ観覧車に乗り込んだ男は月に向かってゆっくりと夜空を上昇していく。いったい何のために?去来するのは取り戻せぬ過去、甘美な記憶、見据えるべき未来―そして、仄かな、希望。ゴンドラが頂に到った時、男が目にしたものとは。長い道程の果てに訪れた「一瞬の奇跡」を描く表題作のほか、過去/現在の時間を魔術師のように操る作家が贈る、極上の八篇。

4位

icon傷だらけのカミーユ
文藝春秋
ピエール・ルメートル 橘明美
907円(本体840円+税)

iconカミーユ警部の恋人が強盗事件に巻き込まれ瀕死の重傷を負った。彼女を守るため警部は独断で犯人を追う。〈受賞情報〉イギリス推理作家協会賞

5位

icon九十歳。何がめでたい
小学館
佐藤愛子
1,296円(本体1,200円+税)

icon『九十歳。何がめでたい』というタイトルには、佐藤愛子さん曰く「ヤケクソが籠っています」。2016年5月まで1年に渡って『女性セブン』に連載された大人気エッセイに加筆修正を加えたものです。

6位

icon住友銀行秘史
講談社
國重惇史
1,944円(本体1,800円+税)

icon保身に走る上司とぶつかり、裏社会の勢力と闘ったのはひとりのバンカーだった…。戦後最大の経済事件「イトマン事件」。そのすべてを綴った手帳を公開する。衝撃の実名手記。

7位

icon人間の煩悩
幻冬舎
佐藤愛子
842円(本体780円+税)

icon人生は不条理なことの連続で、あらゆる煩悩にさいなまれるが、どうすればこれらの悩みから解放されうるのか…。悩みの量こそが人間の深さ。92年の人生経験から人間の本質を的確に突いた1冊。

8位

icon祈りの幕が下りる時
講談社
東野圭吾
842円(本体780円+税)

icon明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。シリーズ最大の謎が決着する。吉川英治文学賞受賞作。

9位

iconこれは経費で落ちません!
集英社
青木祐子
594円(本体550円+税)

icon森若沙名子、27歳、経理一筋5年。きっちりと働き、適正な給料は自分のために使う。完璧な生活、のはずだった。だがその日、営業部のエースが持ってきた領収書「4800円、たこ焼き代」が波乱を呼び…!?

10位

icon村上海賊の娘 第3巻
新潮社
和田竜
680円(本体630円+税)

icon織田方の軍勢は木津砦に襲い掛かった。雑賀党一千の銃口が轟然と火を吹き、その猛攻を食い止める。本願寺門徒の反転攻勢を打ち砕いたのは、京より急襲した信長だった。封鎖された難波海へ、ついに姿を現す毛利家と村上家の大船団。村上海賊には、毛利も知らぬ恐るべき秘策があった。自らの家を保つため、非情に徹し、死力を尽くして戦う男たち。景の咆哮が天に響く―。波瀾の第三巻。

OAP店 10月の売り上げ総合ランキング


1位

icon祈りの幕が下りる時
講談社
東野圭吾
842円(本体780円+税)

icon明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。シリーズ最大の謎が決着する。吉川英治文学賞受賞作。

2位

icon流鴬
光文社
佐伯泰英
648円(本体600円+税)

icon吉原会所に突然、「裏同心」を希望する女性が現れた。十八歳と若い「女裏同心」に戸惑う吉原裏同心の神守幹次郎と会所の面々。一方、札差の伊勢亀半右衛門が重篤な病に罹り、幹次郎は遺言を託される。遺言には、薄墨太夫にかかわる衝撃の内容が書かれていた―。薄墨太夫、幹次郎、汀女にとって大きな転機となる内容とは何か。シリーズ最大の山場が待つ第二十五弾!

3位

icon大阪を古地図で歩く本
河出書房新社
ロム・インターナショナル
734円(本体680円+税)

iconなぜ、江戸期の大阪の地図は「東が上」なのか? 大阪のメインストリート「御堂筋」は、現在よりもずっと幅の狭い道だった!…現代地図との比較を多用しながら、リアルな古地図が物語る驚きの秘話を発掘!

4位

icon成功している人は、なぜ神社に行くのか?
サンマーク出版
八木龍平
1,620円(本体1,500円+税)

icon神社とうまくつきあえる人ほど、成功している人が多いのはなぜか。科学者×霊能者の著者による、おもしろくて、ためになる「見えない世界」の授業。神社参拝で願いをかなえ、成功する方法を解説する。

5位

icon人口と日本経済
中央公論新社
吉川洋
821円(本体760円+税)

icon経済成長の鍵を握るのはイノベーションであり、日本が世界有数の長寿国であることこそチャンスなのだ。日本に蔓延する「人口減少ペシミズム」を排し、日本経済の本当の課題に迫る。

6位

icon風花帖
朝日新聞出版
葉室麟
670円(本体620円+税)

icon勘定方の青年・印南新六は、生涯をかけて守ると誓った女性・吉乃のため、刺客として藩の騒動に巻き込まれてゆく──。互いに想いを交わしながらも別々の道を選ぶことしかできなかった男女の運命を描く、傑作長編時代小説。

7位

icon女のいない男たち
文藝春秋
村上春樹
702円(本体650円+税)

icon「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」「シェエラザード」「木野」他全6篇。最高度に結晶化しためくるめく短篇集。

8位

icon嫌われる勇気
ダイヤモンド社
岸見一郎 古賀史健
1,620円(本体1,500円+税)

iconフロイト、ユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラー。日本では無名に近い存在ですが、欧米での人気は抜群で、多くの自己啓発書の源流ともなっています。本書では、アドラー心理学の第一人者である岸見一郎氏がライターの古賀史健氏とタッグを組み、哲学者と青年の対話篇形式で彼の思想を解き明かしていきます。

9位

icon住友銀行秘史
講談社
國重惇史
1,944円(本体1,800円+税)

icon保身に走る上司とぶつかり、裏社会の勢力と闘ったのはひとりのバンカーだった…。戦後最大の経済事件「イトマン事件」。そのすべてを綴った手帳を公開する。衝撃の実名手記。

10位

icon村上海賊の娘 第4巻
新潮社
和田竜
680円(本体630円+税)

icon難波海での睨み合いが終わる時、夜陰に浮かび上がったわずか五十艘の船団。能島村上の姫、景の初陣である。ここに木津川合戦の幕が切って落とされた!煌めく白刃、上がる血飛沫。炸裂する村上海賊の秘術、焙烙玉。眞鍋家の船はたちまち炎に包まれる。門徒、海賊衆、泉州侍、そして景の運命は―。乱世を思うさまに生きる者たちの合戦描写が、読者の圧倒的な支持を得た完結編。

本店 9月の売り上げ総合ランキング


1位

icon祈りの幕が下りる時
講談社
東野圭吾
842円(本体780円+税)

icon明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。シリーズ最大の謎が決着する。吉川英治文学賞受賞作。

2位

iconらくだ
文藝春秋
佐伯泰英
713円(本体660円+税)

icon江戸っ子に大人気のらくだの見世物。駿太郎にせがまれて、小籐次もおりょうやお夕一家とともに見物に出向いた。そのらくだが二頭、何者かに盗まれたうえに身代金を要求された!興行主に泣きつかれた小籐次はらくだ探しに奔走するが、思いがけず己の“老い”に直面する事態となる。新たな局面を迎える、好評シリーズ第6弾!

3位

icon月の上の観覧車
新潮社
荻原浩
637円(本体590円+税)

icon閉園後の遊園地。高原に立つ観覧車に乗り込んだ男は月に向かってゆっくりと夜空を上昇していく。いったい何のために?去来するのは取り戻せぬ過去、甘美な記憶、見据えるべき未来―そして、仄かな、希望。ゴンドラが頂に到った時、男が目にしたものとは。長い道程の果てに訪れた「一瞬の奇跡」を描く表題作のほか、過去/現在の時間を魔術師のように操る作家が贈る、極上の八篇。

4位

icon村上海賊の娘 第4巻
新潮社
和田竜
680円(本体630円+税)

icon難波海での睨み合いが終わる時、夜陰に浮かび上がったわずか五十艘の船団。能島村上の姫、景の初陣である。ここに木津川合戦の幕が切って落とされた!煌めく白刃、上がる血飛沫。炸裂する村上海賊の秘術、焙烙玉。眞鍋家の船はたちまち炎に包まれる。門徒、海賊衆、泉州侍、そして景の運命は―。乱世を思うさまに生きる者たちの合戦描写が、読者の圧倒的な支持を得た完結編。

5位

icon後妻業
文藝春秋
黒川博行
799円(本体740円+税)

icon91歳の耕造は妻に先立たれ、69歳の小夜子を後妻に迎えていた。ある日耕造が倒れ、小夜子は結婚相談所の柏木と結託して早々に耕造の預金を引き出す。さらに公正証書遺言を盾に、遺産のほぼすべてを相続すると耕造の娘たちに宣言した―。高齢の資産家男性を狙う“後妻業”を描き、世間を震撼させた超問題作。

6位

icon勇者たちへの伝言
角川春樹事務所
増山実
734円(本体680円+税)

iconベテラン放送作家の工藤正秋は、阪急神戸線の車内アナウンスに耳を奪われる。「次は…いつの日か来た道」。謎めいた言葉に導かれるように、彼は反射的に電車を降りた。小学生の頃、今は亡き父とともに西宮球場で初めてプロ野球観戦した日を思い出しつつ、街を歩く正秋。いつしか、かつての西宮球場跡地に建つショッピング・モールに足を踏み入れた彼の意識は、「いつの日か来た」過去へと飛んだ―。単行本刊行時に数々のメディアで紹介された感動の人間ドラマ、満を持して文庫化!

7位

iconどんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法
サンマーク出版
Eiko
1,404円(本体1,300円+税)

icon開脚に特化した初の本。4週間でベターッと開脚ができるようになるためのプログラムを「開脚の女王」が伝授する。小説「開脚もできないやつが、何かを成せると思うな」も収録。

8位

icon怒り 上
中央公論新社
吉田修一
648円(本体600円+税)

icon若い夫婦が自宅で惨殺され、現場には「怒」という血文字が残されていた。犯人は山神一也、二十七歳と判明するが、その行方は杳として知れず捜査は難航していた。そして事件から一年後の夏―。房総の港町で働く槇洋平・愛子親子、大手企業に勤めるゲイの藤田優馬、沖縄の離島で母と暮らす小宮山泉の前に、身元不詳の三人の男が現れた。

9位

icon村上海賊の娘 第3巻
新潮社
和田竜
680円(本体630円+税)

icon織田方の軍勢は木津砦に襲い掛かった。雑賀党一千の銃口が轟然と火を吹き、その猛攻を食い止める。本願寺門徒の反転攻勢を打ち砕いたのは、京より急襲した信長だった。封鎖された難波海へ、ついに姿を現す毛利家と村上家の大船団。村上海賊には、毛利も知らぬ恐るべき秘策があった。自らの家を保つため、非情に徹し、死力を尽くして戦う男たち。景の咆哮が天に響く―。波瀾の第三巻。

10位

icon権益の侵
幻冬舎
上田秀人
702円(本体650円+税)

icon「儂は大目付か留守居になる」。出世欲を滾らせる江戸町奉行・曲淵甲斐守は、内与力の城見亨に命じて寺社奉行との争いを治めたが、禍根を残した。怒りに燃える寺社奉行側は、亨に狙いを定めて復讐計画を練る。一方、既得権益を守りたい町方は、奉行所改革を志す甲斐守排除のため本格的に動き出す。主への忠義を貫く亨に刺客が殺到!緊迫の第三弾。

1 / 13012345...102030...最後 »

Home

雑誌の配達
おはなし会
12月10日(土)14時半からOAP店で、絵本と紙芝居の読み聞かせを開催します。是非お子さんたちと遊びに来てください。
お店で受け取れるネット書店
Honya Club.com
Twitter
facebook
本屋さん
デザイン書
天神天満界隈
Frends
このサイトを購読する
HonyaClub.com
HonyaClub.com

このページのトップへ

Get Adobe Flash player